クーリングオフとは

クーリングオフとは「Cooling-off」を直訳したとおり、一定の期間を消費者に与え、その期間内、消費者に熟考する時間を与えて、消費者が業者と行った契約を解除できるという制度のことです。
この制度により、消費者は契約が一定の期間内であれば、契約の撤回や解約をすることができます。

例えば、業者の説明があまりに専門的な横文字ばかりで内容がわからなかったとしましょう。内容がわからなければ購入しなければいいのですが、業者が一生懸命に説明してくれるために、商品が非常に便利なものに思えてきますし、業者の話が途切れずにことわるタイミングを逸してしまい、これだけ説明をさせておいて、いまさら断るのも悪いという気持ちにさせられてしまう。
訪問販売のように目の前で説明をされてしまうと、内容がわからなくても言われるがままに契約をしてしまったり、商品を購入してしまうといったケースが多々あります。しかし、後になってひとりで考えてみると、自分にとって不要な製品であったり、全く必要のないサービスとの契約であることがわかってくることも多々あることです。

クーリングオフとはそうした場合に消費者を守るための制度であり、制度を利用することによって不要な商品を返品したり、必要のないサービスの申し込みを撤回したり、契約を解約、破棄することができます。
ただし、注意しなければならないのは、クーリングオフとは購入したすべての商品や、契約したすべてのサービスに適用される制度ではないということです。例えば、自分の判断で店舗に訪れ、全く自分の考えのみで購入した商品など、その商品を購入した経緯や購入方法などによってはクーリングオフを利用できない場合があります。

コメントを残す