クーリングオフの期間

消費者にとって威力のあるクーリングオフですが、クーリングオフをするには、いくつか注意しなければならない点があります。ひとつはクーリングオフの意思表示を書面で行わなくてはならないということです。これは法律で決められており、電話や口頭ではなく必ず書面で行わなくてはなりません。
もうひとつ注意しなければならないのが、クーリングオフの期間です。 続きを読む

クーリングオフにおける内容証明郵便

クーリングオフは消費者と業者の間で合意をして行うものではなく、消費者の意思表示によって行うことができます。しかし、その意思表示の方法は書面にて行わなければならないと法律で決められています。書面ははがきや封書でもよいのですが、内容証明郵便で行うことがベストです。
その内容証明郵便とはどのような郵便なのでしょうか? 続きを読む

クーリングオフの注意点

民法上で、一定の条件があったときに契約の取り消しや解約が行えるのに対して、クーリングオフは、消費者と業者の間で合意がなくても、無為条件で消費者がクーリングオフの意思表示をすれば、商品の返却や、申し出の撤回、契約の解除を行うことができる非常に威力のある制度です。 続きを読む

クーリングオフの威力

購入した商品の返却・返却といった原状回復義務は、通常、消費者と業者の両方にあります。例えば、業者は消費者に商品の代金を返却します。そして消費者は商品を業者に変換しますが、消費者が商品を使用した場合は、その分の代金を返還しなければなりません。 続きを読む

クーリングオフの効果

ふいに現れた販売員のセールストークにうっかり購入してしまった商品、十分に理解せずに申し込んでしまったサービスや契約など、冷静に判断できない状態で購入してしまった商品を返品したり、申し込みや契約を撤回いたり破棄できるのがクーリングオフという制度です。 続きを読む

クーリングオフ制度が設けられた理由

デパートやショッピングセンターに行って商品を眺めていると、その店舗の店員がさりげなく近寄ってきて、商品をアピールしたり、商品の説明をしたりするという経験は誰でもしていることでしょう。その店舗の店員のセールストークがあまりにうまくて、つい商品を購入してしまったという人も少なくないのではないでしょうか? 続きを読む